書くことにモヤっとしている人必見!『読みたいことを、書けばいい。』

ビジネス・実用書

以前から気になっていた、文章術の本『読みたいことを、書けばいい。』を、ようやく読むことができました。

この本は、「文章テクニック本」ではなくて、「読者としての文章術」とのこと。
出だしのはじめにの章「自分のために書くということ」で、度肝を抜くような言葉が綴られていましたよ。

 

 

本の紹介『読みたいことを、書けばいい。』

「バズる記事を書きたい」
「ターゲットに刺さる文章を書きたい」
「自分の思いを読んでほしい」

そんな「技術」を学ぼうとする人は、
出発点から間違っている。
もっとシンプルに、
あなたが読みたいことを、
あなたに向けて書けばいいのだ。

事実の中に、あなただけの発見を見出し、
調べて、自分に向けて書く。
その結果、あなたは誰かとつながり、
人生が変わる。

電通コピーライターとして24年、
自分が読みたいものを書くために
退職して「青年失業家」へ。

Web記事500万PV超、
Twitterフォロワー46000人超。
多くの支持を得るwebライター初の著書。

書くことは、たった1人のベンチャー起業。

「自分が読みたいものを書く」ことで、
実際に「現実が変わる」のだ。
そんな話を始めたい。

全く新しい文章講義、開講です。

 

 

私は文章を書くことに、モヤっとし始めていた

私は、ブログを書いています。
もっと読まれる文章にしたいと勉強のために、いろんな人のブログを拝見してきました。

でも、なんだか読めば読むほど、モヤっとしていました。
なんだか売り込み臭いとか、上から目線的だとか、お前何様だよ!と感じてしまうものがいろいろ。

すごく素敵で、参考にしたいブログは幾つもありますよ。
でも、なんだかな~と感じ、スッと閉じてしまうブログが沢山。

そして、「私のブログは、どうなんだろう?」と迷走中です。

それがね、この『読みたいことを、書けばいい。』を読んで、そのモヤっとした感情を払拭することができましたよ。
あとは、実践で自分が読みたいことを書くだけです。

 

 

書くのは、自分のため

「誰かのために、何かをしよう」と思って書くのは、なんだか、おこがましい気分になりました。

書くことは、生き方の問題である。
自分のために、書けばいい。読みたいことを、書けばいい。

この文章は、247ページに書かれています。
最後のほうなので、まずは順番に読まれるといいですよ。

今、私は、自分のために書こうと、特訓中。
匿名アカウントでブログを書いていますよ。

  • 書くことを楽しむ
  • 自分が書いたものを、自分が楽しむ
  • せっかくなので、読まれる工夫もして

この3つを意識して。

 

 

書くことにモヤっとしている人は、読むといい

『読みたいことを、書けばいい。』は、書くことにモヤっとして、迷走している人は読んでみたらいいんじゃないかな~と思っています。

小手先のテクニックではなく、本物の書く力が備わるんじゃないかな~。

あとね、読み物としてもおもしろい本です。
私は、クスリと笑いながら読んでしまいました。

 


こちらの本もよかったです。

河野朱実

河野朱実

人生はこれからが面白い!50歳独女。読書で人生を開拓中です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

河野朱実

河野朱実

人生に深みを持たせたい、50歳独女。読んだ本をご紹介していきます。コメントなど、お気軽にお寄せくださいませ。

ブログ村に参加中

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

TOP