『教室に並んだ背表紙』相沢沙呼~少女だけでなく大人にもオススメ

小説

ライトノベル『教室に並んだ背表紙』。
いいお話でした。
心に響く言葉がいっぱいで、沁みましたよ。
いい大人なのに、泣けました。

 

 

本の紹介『教室に並んだ背表紙』

寂しくて、迷ってしまったときは“物語”を読んで―。図書室を舞台に、“読書”との出会いで変わっていく少女たちの心模様を描く、全六篇の連作短編集。図書委員のあおいはある日、苦手な同級生を図書室で見かける。本に興味がないはずの彼女が、毎日来るのはなぜだろうと疑問を抱き…。「その背に指を伸ばして」。読書嫌いのあかねは、本を読まずに読書感想文の宿題を終わらせたい。偶然クラスメイトが捨てた下書きを見つけて、それを利用しようと奮闘するが…。「やさしいわたしの綴りかた」ほか、全六篇を収録。

 

 

結構、感情移入して読んでいました

私も、子供の頃は図書室で静かに本を読んでいるのが、大好きでした。
教室にいても、自分の席で本を読んでばかり。

クラスの子とおしゃべりしていても、話が合わないし、疲れてしまうので、一人で過ごすほうがラクでした。
何より、本を読んでいると、知らない世界が開けてくるようでワクワクするし、楽しかったのです。

あの頃の、不自由な中にあった、ほんの少しの幸せな時間を思い出して、純粋な気持ちがよみがえってきましたよ。

と言っても、この本に登場する女の子たちは、教室に居場所がなくなって図書室に出入りするようになります。
「人生詰んだ」と思い詰めるようになってしまうほどの苦境。

そんな彼女たちに寄り添う、司書のしおり先生の言葉が素敵でね~。
少女の視点と大人の視点の両方を味わいながら、読んでいました。

だからこそ、余計に心に響いたのかもしれません。

物語を読むのって、素敵。
心を揺さぶって、感性を磨くことができるから。

『教室に並んだ背表紙』は、少女だけでなく大人にこそ読んでほしいです。

 

 

河野朱実

河野朱実

人生はこれからが面白い!50歳独女。読書で人生を開拓中です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

河野朱実

河野朱実

人生に深みを持たせたい、50歳独女。読んだ本をご紹介していきます。コメントなど、お気軽にお寄せくださいませ。

ブログ村に参加中

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

TOP